国境  黒川博行
2015.07.19 Sunday 22:34
JUGEMテーマ:書評
国境  黒川博行



◎ あらすじ
暴力団などから、多額の現金を詐欺でだまし取り、そのまま北朝鮮へ逃げ込んだ趙成根。
バックに暴力団がついている重機会社に趙を紹介してしまったため、自ら趙を探さなければならなくなった二宮。
そして、若頭がだまし取られた金を取り返すために、趙を追う二蝶会の桑原。
二人は、観光を装い北朝鮮に入国し、平壌で趙を探す。
しかし、あと一歩というところで、取り逃がしてしまう。

◎ 感想
前半から、中盤にかけての北朝鮮国内で、趙を探すくだりは、なかなか面白かった。
実際に、北朝鮮国内の映像などは、ニュースなどで流れることがないので、書いてあることが本当かどうかはわからないが、それなりに信ぴょう性のある描写。
二宮、桑原の名コンビぶりもあって、なかなかに面白い。
だが、話の後半、北朝鮮から帰ってくると、暴力団の金絡みの奪い合いみたいな話になってしまったのが残念。

◎ オススメ度
☆☆☆☆ (5点満点)
 
| ガジュマルとうさん | 読書日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.04.22 Sunday 22:34
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://gaju.jugem.jp/trackback/472
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
奄美・沖縄の店 ガジュマル
ガジュマルバナー1 ガジュマルとうさんの
お店です!
ぜひ、のぞいてやってください
とうさんの本だな
じょうほうさあ〜
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM