日銀券 (下巻) 幸田真音
2015.10.04 Sunday 13:25
日銀券 (下巻) 幸田真音



◎ あらすじ

中井は、笙子から自分の仲間になるように話を持ちかけられる。

しかし、笙子が何を計画しているのかは、「その時が来ればわかる。」と言われるだけ。

しかも、「先生は、自分の思う通りに行動すればいい。」とわれ、中井は戸惑う。

◎ 感想

後半になって、面白くなるかもしれない、という期待を多少はしたが・・・

重々しいテーマに、現実味のない陳腐なストーリー、全く共感をともなわない魅力のない登場人物たち、という状況は、読み終わるまで全く変わらず。

内容を全く知らず、タイトルだけで借りただけに、期待はずれもはなはだしかった。

もうちょっと、真剣みのある、緊迫感のある話が読みたかった。


◎ おすすめ度

☆  (5点満点)

 
| ガジュマルとうさん | 読書日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.04.22 Sunday 13:25
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://gaju.jugem.jp/trackback/476
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
奄美・沖縄の店 ガジュマル
ガジュマルバナー1 ガジュマルとうさんの
お店です!
ぜひ、のぞいてやってください
とうさんの本だな
じょうほうさあ〜
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM