スポンサーサイト
2017.04.26 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
星籠の海(上) 島田荘司
2016.02.13 Saturday 16:41
星籠の海  島田荘司



◎ あらすじ

瀬戸内海に浮かぶ小島、興居島。
この小さな島に身元が不明の死体が、続々と流れ着く。
この怪事件の相談を受け、調査に向かう御手洗と石岡。
科学的な操作で、死体の出どころを突き止めるが、そこでは宗教団体を隠れ蓑にした恐ろしい陰謀が進行中だった。

◎ 感想

この作者の作品は、初めてだったので、登場人物なども前知識が全くなかったのだが、シャーロックホームズの和製現代版ですね。
推理で、何事も解釈していくスタイル。
ただ、あまりにも、推理や人間観察が性急で、ちょっと引いてしまう部分もある。
話の展開も、面白いのだが、あっちへ飛び、こっちへ飛び、が多すぎて、なかなかついていきにくい。
一つ一つのエピソードは、それぞれおもしろい。
ただ、最後は当然リンクしてくるのだろうが、また違う話か、という感じ。
でも、全体を見れば、芝居がかったところが、鼻につく部分もあるが、面白い。

◎ おすすめ度

☆☆☆☆(5点満点)

 
JUGEMテーマ:書評

 
| ガジュマルとうさん | 読書日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2017.04.26 Wednesday 16:41
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://gaju.jugem.jp/trackback/480
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
奄美・沖縄の店 ガジュマル
ガジュマルバナー1 ガジュマルとうさんの
お店です!
ぜひ、のぞいてやってください
とうさんの本だな
じょうほうさあ〜
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM