史伝 伊藤博文(上) 三好 徹  
2016.02.21 Sunday 18:01
JUGEMテーマ:書評

史伝 伊藤博文(上) 三好 徹



◎ あらすじ
長州藩の可旧藩士であった伊藤は、吉田松陰の元、松下村塾に学び、高杉晋作の奇兵隊に参加するなど、幕末の志士として活動する。
明治維新の政府に木戸孝允を中心に長州閥として参加するが、次第に大久保利通に共感を覚えるようになる。
木戸・大久保の死後は、明治憲法の制定など、事実上の宰相として活躍し、後に初の内閣総理大臣に就任する。

◎ 感想
伊藤博文って、千円札の人だったり、初代の内閣総理大臣、韓国人に暗殺されたなど、断片的な情報は知っているが、具体的にどんな人物で、何をしたのかって、全然知らない。
学校でも、あまり教えてもらった記憶もない。
本でも、坂本龍馬や西郷隆盛などの小説などはあっても、明治政府成立後の話ってあまりない。
ということで、興味があって読み始めたが、とにかく細かい。
そのため、政治の話や人間関係の話などが多く、暗い感じ。
それだけ複雑な時代だったということなのであろうが、史伝ということもあり、面白みは全くない。
それだけに、読んでいてもなかなか前に進まず、読み終えるのに苦労した。
ただ、この時代における傑出した政治家であることは伝わってきた。
おそらく、後世でより評価されるべき人物なのであろう。

◎ オススメ度
☆☆ (5点満点)
 
| ガジュマルとうさん | 読書日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2017.10.22 Sunday 18:01
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://gaju.jugem.jp/trackback/487
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
奄美・沖縄の店 ガジュマル
ガジュマルバナー1 ガジュマルとうさんの
お店です!
ぜひ、のぞいてやってください
とうさんの本だな
じょうほうさあ〜
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM