スポンサーサイト
2017.04.26 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
史伝伊藤博文(下) 三好 徹
2016.02.28 Sunday 19:59
史伝伊藤博文(下) 三好 徹




◎ あらすじ
伊藤博文は、盟友井上馨とともに、山県有朋、大隈重信、板垣退助などと、時に協力しながら、時に対立しながら日本を導いていく。
そして、伊藤博文を中心とした日本政府は、朝鮮半島をめぐっての対立から、日清戦争・日露戦争へと突入することとなる。

◎ 感想
下巻は、前半に比べ、ロシアという敵役が出てくることで、話がわかりやすくなってきた印象。
ロシアの覇権主義の侵攻を食い止めるため、日本は挑戦に進出する。
朝鮮をロシアに抑えられたら、日本も危機に落ちいることは明白だった。
ただ、そのため朝鮮半島の人たちが大国にはさまれ、犠牲になった部分は否めない。
この本を読む限りでは、朝鮮人が伊藤博文の暗殺を考える理由もわからないではない。
おそらく、伊藤博文自身もそういうこともあるだろうという覚悟の上の行動だったのでは。
きっと、誰かがやらなければならないことを、まさに命をかけて取り組んだ政治家、それが伊藤博文か。

◎ オススメ度
☆☆☆☆ (5点満点)
 
JUGEMテーマ:書評
| ガジュマルとうさん | 読書日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2017.04.26 Wednesday 19:59
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://gaju.jugem.jp/trackback/488
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
奄美・沖縄の店 ガジュマル
ガジュマルバナー1 ガジュマルとうさんの
お店です!
ぜひ、のぞいてやってください
とうさんの本だな
じょうほうさあ〜
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM