奇貨居くべし 黄河篇 宮城谷昌光
2018.01.03 Wednesday 23:44
奇貨居くべし 黄河篇 宮城谷昌光


◎ あらすじ
孟嘗君が亡くなったことにより、後ろ盾をなくした薛国、慈光園。
斉が攻めてくるという情報に接し、幹部たちは魏に救援を要請する。
だが、その魏が斉と示し合わせ、その矛先を薛と慈光園に向けようとしていることを知った呂不韋は、旧敵であった陀方に救援を求めた。

◎ 感想
まさに、昨日の敵は今日の友の時代。
力こそが、正義の時代。
その中でも、呂不韋は美しい心で生き続けようとする。
緊迫感流れる巻でもあったので、やっぱり読んじゃうよね!

◎ オススメ度 ☆☆☆☆☆ (5点満点)



JUGEMテーマ:書評
| ガジュマルとうさん | 読書日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.04.22 Sunday 23:44
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://gaju.jugem.jp/trackback/497
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
奄美・沖縄の店 ガジュマル
ガジュマルバナー1 ガジュマルとうさんの
お店です!
ぜひ、のぞいてやってください
とうさんの本だな
じょうほうさあ〜
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM